意外と知らない?仮想通貨

貨幣としての実体が存在していない

ビットコインを始め、仮想通貨の話題がニュースなどでよく出るようになりましたが、ニュースを見ても仮想通貨がなんなのかよくわからないという人も多いでしょう。
では、仮想通貨は具体的にどのようなものなのでしょうか。ビットコインを例に挙げると、大きな特徴として実体が存在しないということがあります。クレジットカードでの支払いも実体がないように見えますが、実際はカード会社から店へ、そして利用者からカード会社へとお金のやりとりがあります。ところがビットコインの場合、決済に使われたら払った側の残高と受け取った側の残高が数字として変化するだけで、紙幣や硬貨など、実体を持つお金の流れは起きないのです。そのため、銀行やカード会社のような仲介者がいなくても、ネット上で簡単にお金のやりとりが可能です。

特定の国や組織が価値を保証しているわけではない

次に、価値を担保しているような組織は存在しないということが挙げられます。たとえば、一万円札であれば、国がその価値を保証しています。そのため、一万円がある日を境に突然価値がなくなるということはありません。仮に対外的な価値が暴落するようなことがあったとしても、国内で利用する限り、一万円は一万円として使えるのです。
ところがビットコインのような仮想通貨の場合、国のような大きな組織が発行していて、価値を保証しているというわけではありません。そのため、今は10万円に相当する価値があったとしても、明日になったら10円の価値しかなくなったということもあり得ますし、仮にそうなっても国が相場に介入して価値を戻そうとすることもないのです。ただ、国の事情で価値が変動しないというのは、自国の通貨がインフレを起こしている人にとっては魅力的といえます。

© Copyright Online Coin Dealers. All Rights Reserved.