ビッドコインのネット決済の方法とは?

クレジットカードで簡単手続き

ビットコインとは、一言で表現すれば「仮想通貨」となり、ネット上で通用する「お金」となります。円やドルと本質的に変わらないもので、通常の通貨と同様に単位が存在するわけです。一般的に仮想通過として認知されているのが、オンラインゲームなどの通貨ですが、実際の店舗やWebサイト等で使われているポイントなども、仮想通過の一種だと言えます。これらの仮想通貨とビットコインは存在の根拠が全く異なっており、前者が特定の店舗や企業間などでしか使えないのに対して、後者では誰でも希望すれば参入することが出来ます。ビットコインの具体的な利用法としては、先ず、円などの手持ちの通過をビットコインに両替することになります。両替方法としては、ビットコインの販売所でネット決済するか、取引所で取引してコインを入手することになります。何れの場合でも、クレジットカードがあれば、簡単に手続きすることが出来ます。

QRコードで簡単取引

ビットコインのメリットは、世界中で利用者同士の取引ができることで、通貨の違いが問題にならないことです。通常の異国間の取引では、ドルや相手国の通貨に両替した上で行いますが、ビットコインの取引にはそうした手続きが要らないわけです。また、取引を仲介する組織そのものが存在しないので、基本的に手数料もかからないわけです。ビットコインの送金方法としては、利用者はウォレット(財布)という口座を作成することになります。個人に割り当てられるアカウントのようなもので、ウォレットIDという長い文字列で表記されます。通常はこれを短縮したコードを使ったり、QRコードにしてスマートフォンで読み取れるようにしています。ビットコインが通貨として通用する担保としては、取引の情報が追跡可能であることです。それによって、通貨の偽造や二重払いなどを防止でき、安心して取引が行えるわけです。

© Copyright Online Coin Dealers. All Rights Reserved.